スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

大神 PlayStation 2 the Best |カプコン


大神 PlayStation 2 the Best大神 PlayStation 2 the Best
カプコン
PlayStation2 Video Game
発売日 2006-12-14




そんなに・・・ 2009-05-03
普通に良作って感じでしたね。
曲もいいしキャラもいいしストーリーも好きだったしシステムも戦闘も良かったです

が!良かっただけ、満足はしませんでした
ゲーム自体に文句はありませんが、ここのレビューは高すぎる気がしました

でも繰り返しプレイ有り気のゲームとしては長いような

もう絶対に手放せません 2009-04-28
最初に一言、大神は最高のゲームです!気付いたらもう五週もしています(笑

今まで何タイトルもゲームをやってきましたがどのゲームよりこの大神が一番好きです。絶対に手放せません
ゲームで本気で号泣したのは初めてです…

まず世界観は日本大好きな自分に嬉しい和風でむかしばなしな世界。
何より私がお勧めしたいのはBGM。和風で壮大で美しい、そんな素晴らしい曲がフィールド、イベント、全部に使われています。平原綾香さんとコラボした「Reset」も聞くだけで涙が止まりません・・・!
グラフィックも独特の墨画タッチでオープニングからもう興奮!

主人公のアマテラスも狼というより犬に近くて親しみやすい、動作も可愛い。
ストーリーで出てくるキャラクターも個性的で、最初は「なんだこいつ…」と思っていたキャラも最後にはやっぱり大好きになってしまう、そんな素敵なキャラクターばかりです。


ストーリーの評価が低いみたいですが、私は良いと思います。どんでん返しにもびっくり感動させられたし、クリア後も号泣しながらも後味良く。
確かにちょっと展開は早いかもしれませんがだらだら続くよりずっと良い気もします

難易度もはぐれ玉を全部集めようとすると鬼のように高い…!
決して難易度が低いという事はないと思います。でもアクションが苦手な人でも十分楽しめます


自分の中で、大神以上のゲームは現れないと思ってます。
何週してもラストでは号泣させられるし、もうほんとに大好きです!
ちなみにサントラも買いましたが、買って損はないです。もっと大神が好きになりました(笑

今からでも遅くないです!プレイした事が無い人はプレイする価値あります。絶対損はしない・・・!

犬好きにおすすめ。 2009-04-26
主人公の犬っころ(オオカミ)が、かわいいです。
細かな仕草とか、犬好きにおすすめです。
他のキャラクターもみな愛嬌があって、ほのぼのします。

筆を使うシステムは画期的だったし、風景も和風で見てるだけでもおもしろかった。

続編作ってくれないかなぁ~。

素晴らしい物語でした 2009-04-13
CMで初めて見た時から面白そうだな~と思っていたのですが、今頃になってようやくプレイしました。
日本古来の神話や伝説、おとぎ話が混ぜ合わさったような、独特の世界が舞台です。
主人公がオオカミ(大神)という設定がまず面白いと思いました。
筆絵っぽい画面といかにも日本風な雰囲気から、何となくシリアスな物語かと思っていたのですが、実際はかなりユーモア溢れる楽しい内容でした。
それでいて全体的には壮大で感動的で、心に深く感じるものがあり、素晴らしくよく練られた物語だと思います。 

プレイし始めた頃は、今までやったことのないタイプのゲームだったので、また説明書が薄っぺらくてほとんど役に立たないせいもあり、画面の見方や操作のやり方の要領をつかむまで結構手間取りました。
けれどストーリーが進むにつれ、自然と物語の中に引き込まれていきました。
登場するキャラたちが、とにかくみんな愛嬌があって良いです。
特に主人公のアマテラスをはじめ、動物たち(特に犬)が可愛いです。
人間ではお茶目でとぼけたおじいさんたちが多くて笑えました。
また要所要所で登場するウシワカのキャラがとても際立っていて良かったと思います。
敵である妖怪もデザインがみんな凝っていて、誰もが知っているような妖怪たちも多く、敵ながらどこか親しみを持てます。
最初はちょっと気持ち悪かったゴニョゴニョ喋りもすぐに慣れ、釣りをしているコカリの「ニャヒー!」というかけ声などは何となくツボでした。

アマテラスの武器である剣、鏡、勾玉といった神器は、その装着の姿や攻撃の仕方が様になっていて、特に戦闘シーンでは周囲の雰囲気も合わさって、とても格好良いです。
そしてあらゆる場面で日本の古い言葉が多用されていて、意味のわからない言葉も多いのですが、昔の日本語の響きって美しいものなんだなぁ・・・と改めて思いました。
同様に度々出てくる絵巻などの筆絵がすごく凝っていて、感動しました。

物語の要である筆しらべは、最初は戸惑いましたが慣れると結構楽しくて、自分の筆ひとつで太陽が出たり花が咲き乱れたり敵を一刀両断できるのはなかなか気持ち良いものです。
筆技を覚えるにつれて出来ることが広がっていき、同じ場所でも何度も訪れて新たな楽しみが発見できたりします。
謎解きやアクション的な要素が多々あるゲームですが、適度に簡単で適度に難しく、万人向けの調度良いバランスだと思います。
アイテム集めやサブイベント等が充実していてやり込んで遊べますし、クリア後の特典や2周目がまた楽しめるのも嬉しいです。

唯一残念なのは、時々女の人の衣装などがいやらしく見えてしまうことです。
たとえばサクヤの衣装が何でああいうのなんだろう?とか、この物語の雰囲気にしては、それはちょっと下品なのでは?と思えるような部分が時々ありました。
イッスンもとても可愛いけれど、子供にしては発言が度を越えてるように思える時があります。

ですが、それを差し引いても星5つ付ける価値のあるゲームだと思います。
後半になってくると物語が終わってしまうのがだんだん残念で寂しくなり、プレイし終わった後は感動で胸がいっぱいになりました。
こんなに素晴らしいゲームに出会えて、本当に幸せだと思います。

古来の日本の神様や精霊、人間、そして妖怪たちの世界を、ぜひアマテラスと一緒に冒険してみてください。




さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/05/17(日) ゲーム トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2956-8439052d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。