スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

キャットアイ CC-MC100W サイクルコンピュータ シルバー マイクロワイヤレス |キャットアイ(CAT EYE)


キャットアイ CC-MC100W サイクルコンピュータ シルバー マイクロワイヤレスキャットアイ CC-MC100W サイクルコンピュータ シルバー マイクロワイヤレス


ケーブルの配線が不要「ワイヤレスコンピュータ」振動やノイズに強いダブルパルス方式を採用本体とセンサー間の応答距離は約70cm夜間走行時でも表示が見やすい「バックライト」内蔵メイン計測のスタート・ストップに連動しながら、個別にリセットできる「サブ計測機能」「メニュースクリーン」を採用し、オートモード・タイヤ周長、時計等の設定が簡単に変更でき、さらに使いやすさが向上直径31.8mmのハンドルバーやステムにも取付可能「新型ユニバーサルブラケット」スリムなボディデザインと更に見やすくなった大型液晶画面ほとんどのエアロスポークに対応したホイールマグネット※注) 電動(アシスト)自転車にはご使用できません。






壊れません。 2009-04-17
安くなったので思わず予備として買いました。現在使用品は4年以上経ちますが雨に濡れても炎天下でもきちんと計測しますし壊れません。個人差があると思いますが電池も確実に1年以上は持つと思います。 表示も見やすく操作も使いやすいですし取り付けるのも簡単です。 機能的にはシンプルですが必要十分ではないかと思います。

なにより見た目が綺麗です! 2009-03-22
ママチャリには 有線品使用してましたが おしゃれなバイクにはあの黒いコードはどうにも許せません!!。

見た目のすっきり感を求める方にお勧めです!。

センサ固定用のタイラップを ボディの色に合わせるとさらに綺麗です。

私の車体は 明るい色なので合えてシルバーにしました。


始めてのメーターなら 2009-02-27
不満な点を挙げると...
・最初の設定がわかりにくく、面倒。
・夜間走行もするので、バックライトに期待して買ったが、暗い、点灯時間が短い、むらがあり見ずらい。
・無線の電波の距離が短い。(アルベルトのハンドルからフレームまででギリギリ)


使っていて特に不満な点は無いです。
操作性(慣れれば...)や機能、デザインは文句無いですね。
ワイヤレスで心配される混信も今のところありません。(常に携帯とPSPと一緒に移動してみて)
精度も悪く無いです。
ワンタッチの取り外しも防犯上良いです。(突然の雨にも対応できる)
少しの雨なら使えます。



「メーターを付けてみたいけど、どれがいいかわからない」と思ったらこれがおすすめです。無難です。




結構小さい! 2009-02-27
黒とシルバーとありましたが黒だと上下ツートーン。
車体は黒だけど、オールシルバーの方がシンプルで良いとこちらを買いました。

黒色バージョン買ったの人のレビューも参考にどうぞ。
キャットアイ CC-MC100W サイクルコンピュータ ブラック マイクロワイヤレス

取り付けは簡単。
取り説は不便。
でも安いから満足。

想像してたより小さい本体に拍子ぬけしたけれどしっかり働きます。
小さいから見づらいとかもないし。
サイズは 52.5X38.0X22.0mmです。

オートモードでは乗り出しで自動計測が始ります。
10分放置すると節電モードへ
さらに2週間!放置するとスリープモードになります。
電源のON・OFFくらい自分でするのでスイッチが欲しかったかも。

バックライトは申し訳程度。
夜間走行しないので、こっち(CC-RD300W )の方が自分は良かったかも。
キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター CC-RD300W CC-RD300W
割引されないけど、限定カラーもあるみたいです。
キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター CC-RD300W [STRADA WIRELESS]ストラーダワイヤレス ホワイト限定カラー
その上、近日(2009年3月か4月?)にピンクリボンバージョンも出るそうで。
自転車仲間の女性へのプレゼントにはおすすめでは?




さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/05/13(水) スポーツ トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2879-b610a146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。