スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

とらドラ・ポータブル! 超弩級プレミアムBOX |バンダイ


とらドラ・ポータブル! 超弩級プレミアムBOXとらドラ・ポータブル! 超弩級プレミアムBOX
バンダイ
Sony PSP Video Game
発売日 2009-04-30


竹宮ゆゆこ先生原作のノベル『とらドラ!』(アスキー・メディアワークス刊)をモチーフにしたAVG。プレイヤーは、主人公の高須竜児を操作して、3Dで表現された街を自由に移動しながら出会ったキャラクターたちと会話していく。物語のキーとなる会話には、CGモーフィング技術"モーションポートレート"を採用。2Dイラストが涙ぐんだり、頬を染めたり、呼吸をしたりと、会話の内容に合わせてシームレスに動く。ストーリーは、原作小説『とらドラ7!』と『とらドラ8!』の間にあたる、竜児の冬休みを舞台にした完全オリジナルストーリーで、原作者の竹宮ゆゆこ先生ならびに、アニメ製作委員会による完全監修となっている。また、マルチエンディング方式を採用しており、選んだルートによっては原作と大きく違うifの展開も楽しめる。

http://dol.dengeki.com/

納得のいくエンディングでした 2009-05-04
さきほど、大河100点エンディングを見て、このレビューを書いています。
とらドラのアニメにはまり、小説を読み、今回このゲームを買いました。
アニメとも小説とも違う結末でありますが、個人的に超大満足です。
クリスマスイブに、大河に蹴りだされ竜児が告白に向かうあたりは、
アニメでも小説でも疑問に思っていたシーンでした(なんで行くんだよ?って)が、
そのあたりを、ちゃんと竜児が自分で「違うだろ」と気づくあたりがとても気に入っています。
エンディングも、とても幸せで良かったです。
他のエンディングもたくさんありますので、是非プレイしてみてください
(こんなのいやだ!というのもありますが・・・)。

満足 2009-05-04
このソフトもバンダイナムコなので「涼宮ハルヒの約束」の悪夢襲来かと不安だったが、読み込み速度は改善されていた
ゲームのほうはまだ少ししかやってないが、気になる点は会話キャラが変わる時に少し止まる所くらいかなww

特典のほうもポーチもかわいかったし、ハルヒじゃなくこっち買って正解だったな
ただ、DVDが少し物足りない感じがしたな~
未公開シーン収録って聞いて期待してたけど短かったし…

まあ単なる「おまけ」と考えたら十分だったけどね


オマケ要素が素晴らしい 2009-05-01
ゲーム本編はまだ触り程度しかプレイしてませんがキーアイテム集めが結構楽しいですね。度々ある掃除タイムにて松居棒的な道具で特定の箇所を掃除すると入手できたり、ツーショット会話成功時に貰えたりして、これらにより会話パート時に?状態の選択肢が解放されていきます。これだけでも相当やり込めるのではないでしょうか?また、オマケも充実しており、中でもやっちゃんのおしゃべりカレンダーとブロック崩し(アルカノイドです)がいい感じです。私はやっちゃんがお気に入りなのですがアニメではイマイチ出番が少ないように思えました。そんな私にはこのオマケ要素は大変有り難く、あとは本編でもなるべく登場してくれればなお最高だと感じています(^-^)/

納得のプレミアム冊子について 2009-05-01
購入の決め手だった
同梱FUNBOOKの読み応えは
抜群でした。
原作者の竹宮ゆゆこ先生
75ページ書き下ろしの
「不幸のバッドエンド大全」

もう原作ファンにはたまりません。
この気合の入れ具合は何なのでしょうか?
最終巻読了後のあの涙は…!?
「とらチワ!」
「みのりんと北村!」
衝撃のエピソード!

この特典冊子、カバーもついてますし
電撃文庫の装丁に準拠した
保存性の高い一冊です。

ぜひ、原作ファンの人に
おすすめしたいです。

まさに『とらドラ!』ファンのための作品。 2009-05-01
■ゲームについて
単純なキャラゲーになるのでは無いかと少し危惧しておりましたが、その心配は杞憂でした。
演出やキャラクター表現において『とらドラ!』らしさを前面に押し出しつつ、選択肢を選ぶ楽しさ・街を探索する楽しさといったAVGとしての完成度も高い。
まだ序盤なのでシナリオ面での評価はできませんが、なるほど、このクオリティならば21本ものエンディングを用意するわけだな、と納得してしまいました。

メディアインストール対応、シナリオ分岐を確認できる「AIマップヒント」の搭載など、プレイ面での快適さや親切さも評価が高いですね。
(私のPSPは初期の1000型ですが、サクサク動いてくれます。)

本作は原作小説7巻と8巻の間(アニメでは19話と20話の間)からストーリーが始まるため、全く知らない方には少々とっつきにくいことと思います。
ですが、せっかくの連休ですし、原作と一緒に買い揃えてみるのは如何でしょうか(笑)
もちろん、ファンならば買って損はしません。

■特典について
プレミアムBOXには多くの特典がつきますが、その中でも特記しておきたいのはファンブックとDVDでしょうか。

ファンブックの内容は、
【1】竹宮ゆゆこ氏書き下ろし小説(75ページ)
【2】絶叫氏書き下ろし漫画(8ページ)
【3】本作のビジュアルアーカイブ(35ページ)
となっております。
個人的に嬉しかったのは、特定の店舗で予約した場合に付くテレカ等の特典の絵柄が、全てビジュアルアーカイブに収録されていたことですね。さすがファンブック。
一方DVDの方は、原作・アニメ共に描かれることの無かった「亜美ちゃんモノマネ150連発」の一部が・・・。

■その他
以上、良い点ばかりをつらつらと書きましたが、今の所は一切不満などありません。スタッフの頑張りと熱意を感じました。
予約希望者が殺到して、注文可能の通知メールがまるで「ガセメール」のようになってしまうのも無理からぬ所かと思います。
ただ、予約できなかったという理由のみで一つ星の評価を付けられてしまっていることは非常に残念でなりません。

それくらい良い作品です。
興味がありましたら、是非お手に取ってみて下さい。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/05/11(月) ゲーム トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2824-453cd8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。