スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

Spike the Best 忍道 戒 |スパイク


Spike the Best 忍道 戒Spike the Best 忍道 戒
スパイク
PlayStation2 Video Game
発売日 2006-10-05




和風忍者ステルスゲーの最高傑作 2009-05-02
まずなによりアクションゲームとして面白い!
敵にそっと近づいて必殺(血祀)を決めるのはまさに快感です!
私はアクションゲームが得意ではないので最初はかなり苦戦しましたが
難易度が三段階で設定でき、チュートリアルがあってなんとかなりました。
馴れると自分の思うように動かせられるようになり、
そのとき初めてこのゲームの自由度の高さに驚かされまます。
広い町で屋根から屋根へ颯爽と駆け抜ける疾走感や
敵に見つかってしまい隠れる場所を探す緊迫感はまさに忍者ゲーの真骨頂です。
敵も様々なキャラがいて侍なら刀と弓などの武器を使い分け
忍者なら手裏剣や煙玉を投げてきたりや体術を駆使してくるので
ステルスアクションだけではなく正面からの戦闘も熱いものになります。
何よりこのゲームは主要人物からザコキャラまで愛嬌のあるキャラクターで
彼らの独り言を聞いてるだけで思わず笑ってしまうこともしばしばあります。
他にも様々なところにさりげなくネタが隠されていて発見するたびに思わず
ニヤリと笑ってしまうことも…(笑)。
そういった点からもこのゲームは遊べば遊ぶほど愛着が出る、
いわゆる“スルメゲー”の部類のゲームだと思います。
このゲームのことはまだまだ語りたいことは山ほどありますが
ただ一つ言えることはハマったら中々やめられない素晴しいゲームです。

小盛り上がり 2009-04-25
簡単操作で町や森を縦横無尽に駆け巡り、一撃必殺の爽快感や忍びとしての緊張感もばっちりで、静と動のバランスは良かったと思います。しかし、本筋のストーリーは脱力系の横やりが多く、軽く笑えはするんだけど最後まで盛り上がりに欠けた印象でした。三つの勢力からの依頼もそれ程差異がなく中盤からマンネリ気味にも。マルチエンディングなので何度も楽しめそうだが、周回プレイをしようという意欲が個人的に湧かなかった。

和風ステルス・アクションゲームの神作品  2009-04-09
素晴らしく面白いゲームです。
「熱中度」は、和風ステルスアクションで最高レベル。
演出もよく作られていて、いわゆる「時代劇系」の映画の雰囲気をよく研究してる。
特筆すべきは映像の綺麗さとアクションの爽快感。
疾走感あふれるプレイ感覚で、多彩なミッションをこなしていく醍醐味。
同時に、静的な「待つ」「隠れる」といった忍者特有の要素も堪能できます。

そして自由度も高く、やり込み度が深いので、
プレイヤーによって色々な楽しみ方ができます。

さらにすごいのが、エディット機能。
自分で任務を作ることができ、遊び方はまさに無限大なのです!!
意外と知名度の低い作品ではありますが、
神ゲーと認定して間違いない質の高さなので、
自由度の高いアクションゲームが好きな人は、モンクナシにおすすめします。

勝手がちがう 2009-04-09
このゲームは新感覚ステルスアクションである。ステルスゲームなので敵は平常時と発覚時で行動が違う。 平常時であっても敵はキョロキョロと辺りを見回したりするため不用意には近づけない。歩かない見張りはいつまで待っても背中を向けない。 主人公を見つけた敵は見失うまでどこまでも追いかけて来る。むしろ行動を予測して先回りしてくる。見失った事を確認してから物陰に隠れれば気付かれない。 騒乱は付近にいる敵を集めてしまう。多勢に無勢、こりゃだめだ!と思ったら即逃走。勝てない戦いはしない。 血祀り殺法、敵を一撃で葬り去る技。背後から確実にいくか、正面から強引に狙うか。敵と対峙していたとしても隙を付く事が出来る。チャンスは必ずある。 任務の成否が主人公の評価と報酬を、そして時には運命を左右する。失敗がゲームオーバーになる場面ではその先に踏み込むか確認がされるが、基本的には失敗してもゲームオーバーにはならない。 材料持ち帰りと忍具制作がもう一つの忍道の楽しみ。シナリオクリアでアイテム持ち越しが可能であり、周回プレイが止められない。 広大でリアルな城!ひと癖もふた癖もあるライバル忍者軍団!ケレンミ溢れるストーリー!多彩な血祀り殺法!重厚な音楽!風の様に駆け抜ける爽快感!まさに空前の新感覚ステルスである。 ……夜な夜な繰り広げられる任務の制限時間はゲーム的に30分間。画面は暗い。 「もうすぐ夜が明ける」頃にはすっかり明るくなっているのとか芸が細かい。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/05/10(日) ゲーム トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2806-32d4bd53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。