スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

CATEYE CATEYE ハイパワー&スリム TL-LD610-R |キャットアイ(CAT EYE)


CATEYE CATEYE ハイパワー&スリム TL-LD610-RCATEYE CATEYE ハイパワー&スリム TL-LD610-R


高輝度LED5個使用●Opticubeテクノロジーを搭載し、TL-LD600-Rと比べさらに明るさがアップ、ボディサイズもスリムになりました。●本体が縦向き・横向き両方で取り付け可能●直径 約13.0~32.0mmのパイプに対応したFlexTight(SP-10)ブラケット(工具不要)●オプションのクリップ(C-1N)で鞄やベルトに対応

大変よいです。 2009-04-19
ひさしぶりに自転車グッズを選ぶにあたって色々と検討してきました。
自分がこれを選んだのは行きつけの自転車店で実物を見てデザインが気に入りました。その場でいじったり、実際に装着もしてみました。
さて、肝心の使用感ですが、よいです。 LEDは5個、一列です。縦に装着すれば縦長、横に装着すれば横長となります。 自分はMTBのせいかなんなのか、脚にあたるなどの走行中の干渉はありません。 電池は単4が2本。付属品はマンガンでしたがアルカリにしました。
発光パターンは4種類で発光量は非常に明るいです。この上位機種もありますが、負けていません。 街灯のない真っ暗な道では後方が赤く照らせるほど。後ろに壁やガラスがあればバッチリ映るくらいです。 これにしてから車道を走ると明らかにバシバシよけます。
自転車を立て掛けて自分で後ろから見ると存在感があり、むしろまぶしいくらいでした。
ちなみに自分的にパターンの使い分けは、通常走行時は常時点灯、車道走行時や高速走行時はフラッシュ、あとのサイド・トゥ・サイド、ランダムは状況や気分によってです。
唯一の心配点をあげれば、今後、走行中に脱落したり本体とブラケットとの接続部の割れ装着できなくなる事が心配です。 市街地は意外と振動や凹凸、が激しいので以前、前照灯を使っていたときに振動で接続部が割れることが多々あったので。
とにかくテールランプとしてはハイパフォーマンスな一品です。


頻繁に値段が変わるので注意 2009-02-22
夜間、走っているところを見かけて、格好良かったです。
色々なところでレビューを見ても、かなり良さそうですね。
送料込みで1720円以下なら買いでしょう。


かなり明るい!! 大満足!! 2009-01-28
LED3個タイプの安い物と悩みましたが、1000円も値段が変わらないのでこちらにしました。本体はスリムですが、電池は、手に入りやすい単4電池なので突然の電池切れにも安心感があります。点滅パターンもいろいろあるので、なんとなく気分でいろいろ変えてます。明るさは、蛍光灯の下で見ても、手に持った状態では直視できないくらい明るいので、仕事が遅くなっても夜道でかなり気づいてもらえると思います。

なかなかの良品では? 2008-12-21
自分の大学でも、この製品を取り付けている自転車をよく見かけますし、街でもたまに見かけます。テールライトとして十分すぎる性能と、モノとしてのかっこよさもあるのだと思います。

しかし、先日このライトを自転車前方に装着しているおばさんを見ました。本人は安全性のために貢献していると思っているのでしょうが、その取り付け方ではむしろ危険性のほうが高いと思われます。前方ライトは白、後方ライトは赤というのは道路交通法で定められたことです。周りの車両や歩行者も、まさか赤いライトを派手に点滅させた自転車が、まさか自分の側に向かって走っているとは思わないのが常識です。そうした非常識な使用は決してしないようにお願いしたい。バンド式で取り付けが自在なのでそのような誤用が発生するのでしょうが、気をつけてもらいたいものです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/05/24(日) スポーツ トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2542-3da44111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。