スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

TIGER IH炊飯ジャー(5.5合炊き)アーバンベージュ JKH-A100CU


TIGER IH炊飯ジャー<炊きたて>(5.5合炊き)アーバンベージュ JKH-A100CUTIGER IH炊飯ジャー<炊きたて>(5.5合炊き)アーバンベージュ JKH-A100CU


◇お米本来の甘み(うまみ)を引き出す「剛火IH」130℃※の高加熱「剛火IH」で釜の底から側面から、釜全体を強火で包みこんで加熱し、芯からふっくら炊き上げます。110~115℃※の高温蒸らしでお米のアルファ化を促進し、本来の甘み(うまみ)を引き出します。(※鍋底の温度です。)◇「銅入3層遠赤釜」でごはんふっくら熱伝導率の高い銅を挟み込んだ3層構造により、効率よく内なべが発熱。炊きムラの少ないご飯ができあがります。◇玄米のGABA(ギャバ)増量でヘルシー! 玄米に含まれている酵素の働きを促すために4~5時間かけて炊飯します。そのために通常の玄米よりGABA量が約40%もアップ(タイガー調べ)もっちりとした食感でさらにおいしくなりました。※GABA(ガンマアミノ酪酸とは)神経伝達抑制物質であり、神経の高ぶりを抑えて正常な働きに戻す役割があると言われています。◇多彩なメニュー極うまメニュー吸水時間約2倍、昇温時に高火力で加熱することで、うまみのある味わい深いご飯が炊きあがります。お弁当、おにぎりにも最適です。※ふつうメニューと極うまメニューの比較。タイガー調べ。無洗米コース水加減や浸水時間を気にせず、7つのメニューが選べます。「雑穀米コース」豊富な栄養を手軽に補えると人気の雑穀米コースを搭載。雑穀米はもちろん、炊き込み、おかゆ、玄米、おこわなど、多彩な炊き込みメニューが楽しめます。つやつや保温食べ頃温度より少し低めに保温し、黄ばみ・パサつきを抑えてつやつやのおいしさを保ちます。 /

シンプルでじゅうぶん! 2009-04-07
結婚したときにプレゼントしてもらった炊飯器が壊れたのをきっかけに購入しました。
最後の最後まで「TIGER IH炊飯ジャー(5.5合炊き)ブラック JKC-V100KS」と迷いましたがこちらにしました。

家電量販店でこの機種とJKC-V100KSの外観を比べたときには、お釜に取っ手があるか、お釜の厚さと重さの違いはありましたが、開閉や、大きさ、などはあまり変わらずでした。

機能的にはもちろん「JKC-V100KS」の方が、調理が出来たりパンを焼けたりと、多機能です。
けれど、我が家にはパン焼き機も、圧力鍋もあります。
おそらく、最初はものめずらしさに使用すると思いますが、そのうち使わなくなると思ったので、シンプルな「お米を炊く」機能のみのこちらにしました。

以前使用していた炊飯器も、ファンの音が大きかったのかもしれませんが、ファンの音はそれほど気になりません。
お釜は、以前使用していたものよりとても軽く、米とぎが楽になりました。
炊飯器本体の内側も、サッと拭けます。
残念ながらこちらの機種はふたが取れないので、丸洗いは出来ないのですが、ずぼらな私は2世代前のふたの取れる炊飯器を使用していた際も結局丸洗いはしなかったので問題はなく…。
また、うちぶたはとても簡単にはずせるので、こちらを奇麗にすれば、炊飯器を奇麗に保つことは十分可能だと思います。
また、お釜の外側がステンレスなので、洗ってサッと拭くと、簡単に奇麗にできます。

お米の炊け具合ですが、やわらかく、甘い、という感じでしょうか。
私自身は細かいことには拘らないので「お釜を変えたから、ご飯が素晴らしく美味しくなった!」という感じは無かったのですが、主人や、子どもたちはお米を良く食べるようになりました。
お釜のそこも緩やかな凸があるので、お米の対流がしっかりと起きているのでしょう。炊き上がったときに、以前の炊飯器だと、ほぐす際に「よっこらせ」という感じだったのですが、今はサックリでふわっとほぐせます。

お釜の内側に、白米、玄米、おこわ、おかゆと水を入れる線がついているのですが、白米にも「かため、ふつう、やわらかめ」の線があるのが嬉しかったです。実際、けっこう変わります。

炊飯器で色々な調理をする方でなければ、こちらの機種で十分美味しいご飯が食べられますし、シンプルなので炊飯器(ご飯を炊く)としての使用は、覚えやすく使いやすかったですよ。

グッドです(≧∇≦)b 2009-03-31
未だ機能全部を試したわけではありませんが、美味しく炊けて満足しています。
「極うま」と普通炊きの差があまり感じられません。
普通炊きより時間がかかるのですが、時間をかけてまで使いたい機能では無いと思いました。良いお米で炊いたら差が出るのかもしれませんね。自作の米しか食べないので比較できませんでした。
「早炊き」は普通炊きとほとんど変わらず、若干硬いかなーとも思いますが気になる程では無いです。
30分前後で炊き上がるので急ぎの時は重宝してます。
「おこげ」は香ばしいかおりがします。硬くはないです。おこげ色は付きます。
個人的には硬くなって欲しかったので、試しに1度炊いたっきりで使っていません。

難点を挙げると蒸気の出口(蓋の上のグレーのキャップ)の掃除に気を使います。
部品が多いので毎日は洗ってません^^;

大満足 2009-02-26
数年前の「マイコンジャー」から買い換えました。
12,000円弱(購入当時)という値段に惹かれて、
この商品を選びました。

この分野は技術の進歩がすごいですね。
たいして高くない米(平成20年秋口精米のあきたこまち)でも、
とても美味しく炊けます。

強いてマイナスを探せば、
動作音でしょうか。
炊飯が始まると、「ファン」の音が、
結構大きめに鳴ります。
静かな部屋だと少し気になります。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/05/23(土) ホーム トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2513-02aea4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。