スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

四間飛車を指しこなす本〈2〉 (最強将棋塾) |藤井 猛


四間飛車を指しこなす本〈2〉 (最強将棋塾)四間飛車を指しこなす本〈2〉 (最強将棋塾)
藤井 猛
河出書房新社 刊
発売日 2000-05




イビアナを攻めるセンスを養う 2008-03-19
質量ともに素晴らしい、四間飛車の定跡書です。一つ一つの変化に対してが大変丁寧に解説されており、局面図が多いのでどんどん読み進めていくことができます。一方で独特のレイアウトを採用し、ボリュームも満点となっています。易しく書かれていますが、道場初二段・R100
0オーバーの四間飛車党を自認する人にもオススメできます。

この第二巻は居飛車穴熊編ですが、序盤から敵陣を突き崩す急戦、作戦勝ちを許さず堂々と敵陣を攻める持久戦など、勉強になる攻め筋がたくさん詰め込まれています。一度読めば、勝敗は別としても、組み負けたり手が詰まって困ったりするとは少なくなると思うし、何度も読んで実力が追いついてくれば、「穴熊ならありがたい」と感じられるようになると思います。

わかりやすい 2008-02-03
藤井猛九段というとやはり「藤井システム」が有名である。
現在ではやや下火になったものの、一時期は居飛車穴熊に猛威をふるっていた。
しかしながら藤井システムは駒組みが簡単に見えてなかなか指しこなしにくい。

この本では藤井システムの解説に入る前にさまざまな居飛車穴熊に対する作戦が載っている。

角交換から石田流を狙い積極的に捌いていく
銀を角頭めがけて繰り出していく
銀で位を取り力で押していく
飛車を振り直し玉頭を直接せめていく

などの作戦がわかりやすく載っている。
どの戦法も積極的に主導権を握っていく戦い方であり、こんなにも簡単に居飛車穴熊を攻略できるのかと関心するくらいである。

そして藤井システム。
基礎編だけあって基本的な解説だけ載っている。
詳しい解説は指しこなす本3に載っている。

藤井システムを使わなくても十分振り飛車が戦えることを示してくれている。
穴熊に困っている人は一度読んでみる価値はあると思う。

お勧め 2004-09-03
振り飛車を指しこなす上で最も必要なものは柔軟性だと思うが、本書には対持久戦における様々な形が記されている。一問一答形式で読みやすく、振り飛車で初級者から中級者を目指そうという人にとっては『必要な一冊』と言い切ってしまってもいいのではないか。羽生の頭脳シリーズに勝るとも劣らない名著である。

対居飛車穴熊の様々な攻略法が載った良書 2004-05-20
対居飛車穴熊について詳しい変化が載っています。
級位者~初段の四間飛車党の方には必須の本といってもいいと思います。
対居飛車穴熊でこんなに簡単に振り飛車側が良くなるということに驚かされます。
どれも藤井システムの基礎になるもので、藤井システムを使う前に
知っておきたい戦法になっています。
後半には藤井システムも少しだけ載っていて、定石は若干古いですが
理解しやすいです。
一問一答で覚えやすいので、これから四間飛車を指そうという方には
オススメできる本だと思います。

素晴らしい! 2004-04-02
この本を読む事でイビ穴が恐くなくなりました。穴熊対策は藤井システムがメインですがアマで指しこなすのは難しい。そんな中浮き飛車、56銀速攻、66銀型、48飛車戦法とていねいに解説され相手が力を出す前に1本取る感覚。玉の固さは相手玉と比較と対穴で重要な要素が解説してあります。この本を持てば穴とは互角以上に戦えるでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/05/02(土) BOOK トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2364-ae978ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。