スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

電車の運転


電車の運転電車の運転
運転士が語る鉄道のしくみ中公新書 著者:宇田賢吉出版社:中央公論新社サイズ:新書ページ数:272p発行年月:2008年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)時速100キロ以上の速さで数百トンの列車を率いて走行し、時刻通りにホームの定位置にピタリと停める…。このような職人技をもつ運転士は、何を考え、どのように電車を運転しているのだろう。また、それを支える鉄道の仕組みとはどのようなものだろう。JRの運転士として特急電車から貨物列車まで運転した著者が、電車を動かす複雑精緻なシステムと運転士という仕事をわかりやすく紹介する。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 鉄道の特徴/第2章 発射と加速/第3章 走る?駅から駅まで/第4章 止まる/第5章 線路と架線/第6章 安全のこと/第7章 より速く/第8章 運転士の思い【著者情報】(「BOOK」データベースより)宇田賢吉(ウダケンキチ)1940年、広島県沼隈郡水呑村(現・福山市)に生まれる。1958年、日本国有鉄道入社。糸崎機関区、岡山機関区、岡山運転区に勤務。蒸気機関車、電気機関車、電車に乗務。1987年のJR発足にともない、日本国有鉄道を退職し、西日本旅客鉄道に入社。岡山運転区、府中鉄道部、糸崎運転区に勤務。電車、電気機関車に乗務。2000年に西日本旅客鉄道を退職。著書に『鉄路100万キロ走行記』(グランプリ出版、2004、交通図書賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 鉄道
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
スポンサーサイト

2009/04/26(日) 楽天市場 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2235-30c3b5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。