スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

旧車 絶版車 日産 ローレル SGL KHC130型 フロア5速 2ドアHT 昭和50年式 SUツインキャブ 修復歴なし お買い得車市場対象車両


旧車 絶版車 日産 ローレル SGL KHC130型 フロア5速 2ドアHT 昭和50年式 SUツインキャブ 修復歴なし お買い得車市場対象車両旧車 絶版車 日産 ローレル SGL KHC130型 フロア5速 2ドアHT 昭和50年式 SUツインキャブ 修復歴なし お買い得車市場対象車両
■メーカー名 日産 ■車名 ローレル ■グレード 2000SGL ■年式 昭和50年式 ■走行距離 記録簿なしのため走行不明 ■車検有効期限 平成20年10月 ■車体ナンバー下三桁 014 ■ボディタイプ 2ドアHT ■色 ホワイト ■修復歴 なし! ■整備記録簿   ■所有者履歴   ■ミッション フロア5速 ■排気量 2000cc ガソリン  SUツインキャブ ■乗車定員 5人 ■型式 KHC130 ■装備 エアコン パワステ パワーウィンドゥ ロンシャンアルミホイール ■昭和50年の出来事 ◎ボクシング輪島功一王座奪還 ◎寒波裏日本豪雪 ◎新幹線博多まで開業 ◎ベトナムサイゴン陥落 ◎暴走族各地で暴れる ◎東京新橋駅で内ゲバ800人乱闘 ◎足利銀行女子行員2億円横領で逮捕 ◎日本赤軍過激派を釈放 ◎昭和天皇初の公式記者会見 ◎北海道の炭鉱事故続発 ◎3億円事件時効成立 ◎室蘭本線で最後のSL運転 ◎欽ちゃんのドンとやってみよう ◎テレビ3面記事ウィークエンダー ◎港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ ◎シクラメンのかほり ◎およげ!たいやきくん ◎青春の門 ◎ジョーズ     body,td,th {font-size: 12px;}.g12 {font-size: 12px;color: #7D7D7D;}.red {font-size: 12px;color: #ff0000;font-weight:bold}旧車 絶版車 日産 ローレル SGL KHC130型 フロア5速 2ドアHT  昭和43年 日産から1台の箱型が新登場。 510ブルーバードより大きく、 セドリックより小ぶりな・・・ ファミリーカーではなく、 法人オーナーカーでもない・・ それは新カテゴリーを提唱した「ハイオーナーカー」。ファミリーカーから上の需要を狙った、日産が仕掛けた勝負車だ。510ブルーバードに似ていながらも、サイズや室内空間、エンジンの設定など明らかに異質の車であった。その名は「ローレル」。ローレルとは「月桂冠」を意味し、 名誉ある地位を象徴するギリシャ神話からの 引用である。 初代ローレルはコチラをどうぞ↓ http://item.rakuten.co.jp/sepia/10007503/ 確かに初代ローレルは、 その風貌からは計り知れない室内空間を持つ。 FFでもないのに、これだけの改良をすること自体、 開発スタッフの苦労がうかがわれる。 昭和47年、、現車 2代目130型にバトンタッチ。 エンジンはプリンス系のG型を残しつつも、 日産の至宝「L型」を心臓部に収める。 初代よりも、よりワイドになった ボディサイズと室内空間は、 どことなくアメ車を意識している。    同時期のスカイライン(ケンメリ)と 歩みをともにしつつも、 大きなリアビュー  (のちにブタケツと呼ばれた) などのデザインから、、 やはりハイオーナーカーに恥じない 造りこみになっていた。  さて、、、 現車を見てみよう。 2代目130型の規制前最終「SGL」。 そして今、人気爆発している2ドアハードトップ。 SUツインキャブや、タコ足、デュアル、 足回りなどのライトチューンがなされているものの、 基本的に大人しい感覚だ。 珍しいことに「修復歴」がない、上質なSGLである。 ひとこと上質と言っても、ピンと来ないだろう。 先日、撮影のため、首都高速と一般道を自走で、60キロほど試乗。 これが33年前の車か!と思うくらいスムースだ。   記録簿が無いので、走行不明とさせていただくが、オイル交換のステッカーなど・・全オーナーさんの愛情が伝わってくる。お約束のリアシート頭部の劣化と、フロントドア内装の小さなエンブレムの欠品。それとエアコン要修理くらいだろうか。あとは何事も無く普段の走行、、通勤やレジャーで活躍しそうだ。 何度も書くが、、この「におい」。懐かしい  あの頃の  日産車の この「におい」ステアリングを握り、、この「におい」を大きく吸い込んだ瞬間あの頃に戻っている。    いくら「SUツイン」だ、「社外○○」だ と言っても、 性能面では、現行の車に敵うはずもない。 でも、、 そんなこといいじゃないか。 今の日常において、あの頃の追体験が出来る スイッチなんて、そうそうあるもんじゃない。   黄昏の海が似合う車 2代目ローレル。 懐かしくも、斬新な 日産の誇るハイオーナーカー。 平成14年に、シルビアなどと共に絶版となり、 ローレル35年の歴史に幕を引く。 『大江戸捜査網』 を見ていると、 必ず流れていたCMソング。 「お~~お~ ローレル♪」 あれ、もう一度見てみたいな。 「わが道を行く~ シルビア♪」 といっしょにね。    
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
スポンサーサイト

2009/04/25(土) 楽天市場 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2216-4db0f612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。