スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

旧車 絶版車 マツダ ルーチェ 4ドアピラードHT 13Bロータリー搭載 フロアオートマ 映画出演車!  昭和55年式 E-LA43S型 (同型車次回入庫予想)意外に希少車のため予想不可 お買い得車市場対象車両


旧車 絶版車 マツダ ルーチェ 4ドアピラードHT 13Bロータリー搭載 フロアオートマ 映画出演車!  昭和55年式 E-LA43S型 (同型車次回入庫予想)意外に希少車のため予想不可 お買い得車市場対象車両旧車 絶版車 マツダ ルーチェ 4ドアピラードHT 13Bロータリー搭載 フロアオートマ 映画出演車!  昭和55年式 E-LA43S型 (同型車次回入庫予想)意外に希少車のため予想不可 お買い得車市場対象車両
■メーカー名マツダ■車名ルーチェ■グレード13BロータリーLTD■年式昭和55年式■走行距離135000キロ■車検有効期限 ■ボディタイプ4ドアピラードハードトップ■色純正ゴールドメタリック■修復歴なし■整備記録簿あり■所有者履歴 ■ミッションフロアオートマ■排気量13Bロータリー ガソリン■乗車定員5人■型式E-LA43S■装備エアコン(修理要す)、パワステ ■昭和55年の出来事 ◎イエスの方舟事件 ◎アフガニスタン侵攻 ◎池中玄太80キロ ◎ダンシングオールナイト ◎いまのキミはピカピカに光って ◎山口百恵が引退 ◎NHK「シルクロード」 ◎任天堂ゲームウオッチ発売 ◎具志堅用高タイトル1防衛世界新記録 ◎モスクワオリンピック開催 ◎静岡駅前地下街ガス爆発 ◎林家三平没 ◎巨人の王貞治引退 ◎ジョンレノン、ニューヨークで射殺 body,td,th {font-size: 12px;}.g12 {font-size: 12px;color: #7D7D7D;}.red {font-size: 12px;color: #ff0000;font-weight:bold} マツダ ルーチェ 4ドアピラードHT 13Bロータリー搭載 フロアオートマ 映画出演車!  子供の頃、そのデザインにウットリした車種がある。 117クーペ と 初代ルーチェ。 117クーペは、後のスペシャリティカーだが、ルーチェは、 小型ファミリークラスとして、昭和41年に登場している。 元々トラックメーカーのマツダは、販売網の未熟さからして、 ライバル車の後塵を拝してしまうのだが、 当時のファミリーカーの凡然としたデザインとは全く異質の車・・・ それが初代ルーチェだったと思う。 その後RX87なる ロータリークーペが登場。 現車を見ると、 大きなリアサイドガラス。 (普通の2ドアは申し訳程度に なっていたもの) パワーウィンドゥのスイッチ・・・ 子供ながら痺れたものだ。 ただ・・ヨコから見ると、 117とルーチェクーペの違いが 当時は混沌として見えた。 「似てるよね」 それもそのはず、、 デザイナーは、あのジウジアーロ。 当時のマツダは、 今思えば粋なメーカーだった。 コスモスポーツ・ファミリアロータリー・ルーチェ・カペラ・ そして RX3サバンナ。 イレギュラーとして、 ロードペーサーまでもが、 マツダの「他メーカーとは違うぞ!」 意識の表れだったに違い無い。 そんな粋なルーチェが どう転んだか、、 クラウンやセドリック・グロリアと 同じ土俵に上がりたがった。 「ベンツマスク」、、クラウンにも そう呼称される型もあるが・・ それは赤の他人が勝手に デザインを揶揄したに過ぎない。 でも、、 マツダは自分で・・・ 「日本のベンツ」 いや その前に・・・ 現車のLA43S型で、 付けられたニックネームではないか! あぁ~ぁ 自分で言っちゃった(笑)。   さて、、現車を見てみよう。そのベンツマスクと言われた、今となっては残存少ない「LA43S」型。ルーチェ・レガートの「レガート」が取れて、その後期型と言ったら良いのだろうか?教習所などでも使用していたと言えば、憶えているかたも多いだろう。過走行だが、13Bロータリーは健在。独特の加速感とエンジン音が、ロータリーと認識。映画出演のために装備された、後付のサンルーフが、何とも素敵だ。(映画とは、昨年公開された「逃亡くそたわけ」)  昭和55年と言えば、日産ならセド・グロ430。 トヨタはMS110が発売になったばかりか。 いずれにしても、角ばった直線基調のデザインが、 ネオクラシック独特の雰囲気を醸し出している。 平成の世になり、マツダは 「ユーノス」ブランドを立ち上げ、同一車種の併売を行い。 ルーチェは「マツダ・センティア」に、 そして「ユーノスMS9」となるが・・・ 平成12年、21世紀を待たずして、そのセンティアも絶版となる。   昭和41年の登場以来、34年間・・ 時代の流れに翻弄され続けた車「ルーチェ」。 しかし今となっては、 そのネーミングも懐かしく思えてくる。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
スポンサーサイト

2009/04/25(土) 楽天市場 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2210-8befad6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。