スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

強迫性障害を自宅で治そう!―行動療法専門医がすすめる、自分で治せる「3週間集中プログラム」。 |エドナ・B. フォア /リード ウィルソン


強迫性障害を自宅で治そう!―行動療法専門医がすすめる、自分で治せる「3週間集中プログラム」。強迫性障害を自宅で治そう!―行動療法専門医がすすめる、自分で治せる「3週間集中プログラム」。
エドナ・B. フォア /リード ウィルソン
ヴォイス 刊
発売日 2002-09-01




道しるべとなる本 2008-07-08
OCDに対する接し方、考え方、生活の仕方をこの本から学びました。そして、必ずよくなるという実感を得ました。この本にはそのプログラムが書かれています。もちろん個人差はあると思います。しかし、どのような形であれ必ず方向性を示してくれると思います。
私はこの本を読み込んでベースにし実行。良化したところで、OCD関連の本を複数冊読んでみてさらに自分にあった表現、考え方を見つけるようにしました。
OCDに悩まれている方はぜひとも手に取っていただきたい本です。


激励本。 2007-05-24
私は強迫性障害に生活が支配されて、どうしてよいのか
分からない状態でした。家族も自分もどうしてよいかわからない状態。
田舎の実家へ帰ってきたので、充分な医療機関もなく、本当に死にたい気分でした。
でも、この本に出会ってから、ショッキングな治療法でしたが、治った人の体験談も
のせられていて、せめて自分なりにできるところだけでも、と思い実行しました。
すると、短期間でかなり良い状態になりました。その後も何度も目を通して、
くじけないようにしています。こんな障害で自分の人生を無駄にしたくないですし、
他に何も手はずのなかった私にはとてもこの本が助かりました。
改めて自分を客観視することもできます。
自分の病気について知ることは、治る第一歩に必ずなるのではないかと思います。
まだ、私も治ってはいませんが、この障害に支配されないよう、日々努力しています。
もし、苦しんでどうしようもない方がいらっしゃったら、この本を読むことによって
少しでも楽になることを願います。

本当に治る本 2007-03-13
ぶ厚すぎる。自分の症状に即した部分だけ読むことから始めるとよい。
だけど,この本を制することは強迫性障害を制することになる。
某病院では殆どの患者さんにこの本を買ってもらい行動療法のテキストとして治療に使用している。中には3週間プログラムを2週間で行なって治った人もいる。それを聴いて,10日間でやり遂げた人もいた。それくらい具体的で参考になる。
しかし,プログラムはそれぞれ個人に合わせる必要がある。その点で分からないところを行動療法の専門家にアドバイスをもらいながら行なえば,本当に自宅で治すことが出来る良書である。

参考程度 2005-08-17
強迫性障害のアメリカ患者の症例を紹介して
強迫性障害について説明している。後、行動療法が載っているが
家族や精神科医などに協力してももらわないとやりきれないと思う。
本当に自分だけで治そうと思っている人に不向きだと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト

2009/04/24(金) BOOK トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://tamecar.blog4.fc2.com/tb.php/2170-22fba7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。